今までの経緯

 

 2011年2月からピンクシャツデー実行委員会がひらかれカナダとの交流、ピンクシャツデーの普及を始めました。

 

 2012年2月、上記の前身となる団体のメンバーであったいじめ被害・克服体験を描く小説家・詩人中園直樹さん中園直樹氏の切なる願いの元、同じくいじめ・不登校体験を持つ詩人葛原りょうさんと、学校に行けなかった経験を持つ元中学教師の天野の3人が中心となり、世田谷の不登校受け入れ鉄腕アマノ塾(和室すたじお天野家)で日本で最初のピンクシャツデーの会が開催されました。

 ピンクシャツデーの活動も、今やどんどん全国に広まってきています。 

 ピンクシャツデーとかち、浦和アリスネット、NPOカプラーピンクシャツデー部門、ピンクシャツつなげ隊、ピンクシャツデー兵庫、ピンクシャツデー愛媛、ピンクシャツデー広島、ピンクシャツデー福岡、Pinkshirt Day in Philippines、FM-JAGA、かずさFM、天野家ちゃんねるetc(連絡をいただいていないもの、政治がらみ・企業の営利売名目的の活動も紹介していません)。

 

2016.6.17NPOカプラーピンクシャツデー部門は任意団体「ピンクシャツデーを日本に広めましょう!」から独立しました。

 個人的なつながり、自然発生的なものから広まったものが大半を占めていますが、他のメディアから活動を知り広まってきたものも多くなり、任意団体「ピンクシャツデーを日本に広めましょう!」とNPOの活動の区別がつきにくくなってきました。

 対外的にも分りにくくなり混同し迷惑もかけてしまうので、NPOの一部門として独立性を残しながら支援を続けるためです。支援体制に何ら変わりはありません。

 

 今後NPOカプラー、いじめ、不登校、ピンクシャツデー部門は「ピンクシャツデー日本」として、世の中のいじめの原因となる差別や偏見の無い社会を目指して、他団体や機関、個人の活動を支援していきたいと思います。

 対象とする範囲はとても広いということに気がつくはずです。

 

 子どもはもちろんのこと、高齢者への虐待、大人社会でのいじめ(職場,PTA、地域、さらにはボランティア内でも)、自殺(今一番多いのは中高年です)、人種、セクシャルマイノリティ、宗教に対する偏見による差別、障がい者への差別,,etc 

 これらの差別や偏見は人を傷つけ、死に至らしめています。

 

 大人社会での差別や偏見、いじわるを受けた人の家庭の子供がどれほど苦しい思いをしているか、そこになかなか焦点を当てて考えることが少ないと思います。

 少しでも偏見や差別が無くなれば争いやいじめも少なくなり、楽しく勉強や仕事もできるでしょう。それは社会全体を高めていくことにもなります。 

日本での取り組み

2012年2月29日世田谷

第1回目はこうして開かれた

 それ以前の普及活動については中園直樹さんのHP詩と小説の小箱でご確認ください。

小説家で詩人の中園直樹さんが普及に努めました。


中園さんは自身いじめに
10年あい、その体験を元に小説「オルゴール」を執筆しました。

多くの若者が読み、トータル20万部購入されました。

2002年から中園さんは当時教員をしていた天野(現天野塾・和室すたじお天野家代表)のホームページの掲示板に悩みを書き込んだ子供たちに無料でアドバイスを書いてくれてました。

 私もまた自身のホームページの掲示板で無料の相談をしていました。

私も子供のころ血を吐いて学校に行けなくてオール1だったり、反動で切れていたり、、でも大学卒業後最初の職場が青少年相談所で、様々な問題を抱える子供と接するようになり、その後も不登校やいじめの問題とかかわるようになりました。

2007年、私が介護で体をこわし早期退職した後、互いの知人の詩人が知り合い同士だったこともあり、活動を共にし始めました。


ピンクシャツデーをどうしても日本で開催したいという中園さんの熱意をくんで、本当に2週間前、天野家が場所を提供し、急遽開催が決まりました。

中園さんは、いじめに関することでお金を取りたくないということだったので、運営費がどうしても出ないので、関係者が皆詩を書いていたことから、天野が「ピンクシャツデー詩の朗読会にしては」、という提案をして詩の朗読会としてとにもかくにも始めようとしたのです。

以後、営利目的、特定の政党、企業と深くかかわらない活動を目指すようになりました。

2012.2.29こうして第1回ピンクシャツデーが日本で開催されました。

 

  文責 天野幸道



第1回目の様子です。内容が分かるように当日の式次第を掲載いたします。

1:開会の言葉、PSDについて・・・・・中園さん   

 anuritoさんの本の紹介、中園詩の朗読

2:申込者朗読

3:ピンクシャツデーの詩①、中園さん、佐藤さん、葛原さん

 休憩

4メッセージ

   藤重悟さん(京都大学特任教授)のメッセージ

   山本航暉さん(女性漫画家、「ゴッドハンド輝」の作者)のメッセージ

   武富健治さん(漫画家 ドラマ化・映画化された「鈴木先生」の作者)のメッセージ

5、参加者の発言(PSDについて、経験談、詩など)

 ポスターを描いた現役中学生の発言もありました。

6、ピンクシャツデーの詩②、中園さん、佐藤さん

7、閉会の言葉・・・・天野

会場の 生け花・・・華道家池田柊月さんです。

即興で絵を描いたくださった方・・・画家のトキンさん

いじめに負けないカンフーの演武・・・2010年全日本拳武杯組手優勝者のオオタユウサクさんの演武


本当にお金もなく、派手なイベントもできず、手作りで始めました。

大事なことはいじめにあった人たちの体験を語ることができたということです。それは実はものすごく苦しいことなのです。それでもあえてみなさんは語ってくれました。楽しく伝える、、そんなことはできません。それは分かってほしいことです。