<NPOカプラー いじめ、不登校 ピンクシャツデー部門 支援> 

designed by Jereza H.Hillis :Representative of Pinkshirtday_philippines デザインはピンクシャツデー フィリピン代表 Jereza

和は日本のことそして平和を意味しています。子供、お年寄り、セクシャルマイノリティ、人種、障がい者 動物たちなど様々な人々がともにニコニコしている姿を願っています。

............................................................................................................................................

 2016.6.17 任意団体 ピンクシャツデーを日本に広めましょう!へはこちら

新しくHPができるまでは↑のURLを参考にしてください。

 今までの経緯はこれまでの日本の取り組みに書いてあります。

............................................................................................................................................

ピンクシャツデーとは。

 2007年カナダ、9年生(日本ならば中学3年生)の男子生徒が新学期にピンクの服を着て登校しました。ですがピンクを着る男の人はホモセクシャルと考える人が多いことから、ホモセクシャルといじめられました。

それを知った12年生(日本ならば高校3年生)の男子2人は、ピンクのシャツ50枚やそのほかピンク色のものを購入し、男の子のために明日ピンクのものを着てくれるか、ピンクのものを身につけてくれるようメールやネットの掲示板で友人知人たちに呼びかけました。

 翌朝、校門で二人はピンクのシャツ50着を用意し、皆に着てもらおうと待っていました。

 ですが呼びかけ以上の学生がピンクの服やピンク色の物を身につけて登校し、とうとう学校中がピンク色に染まり、いじめは自然となくなりました。

 それ以来、毎年2月最終水曜に学校や職場、あらゆる場所にピンクを身につけて行くピンクシャツデーとして定着していくことになります。

背景には日本よりも早くFACEBOOKなどのSNSが発達していたということがあるのでしょう。2010年には75ヵ国でピンクシャツデーが開かれたと聞きます。

 

NPOカプラー、いじめ、不登校、ピンクシャツデー部門は「ピンクシャツデー日本として、世の中のいじめの原因となる差別や偏見の無い社会を目指して、他団体や機関、個人の活動を支援していきます。

 いじめを少しでも無くしたいと思うと、 対象とする範囲はとても広いということに気がつくはずです。

 

 子どもはもちろんのこと、高齢者への虐待、大人社会でのいじめ(職場,PTA、地域、さらにはボランティア内でも)、自殺(今一番多いのは中高年です)、人種、セクシャルマイノリティ、宗教に対する偏見による差別、障がい者への差別,,etc 

 これらの差別や偏見は人を傷つけ、死に至らしめています。

 

 大人社会での差別や偏見、いじわるを受けた人の家庭の子供がどれほど苦しい思いをしているか、そこになかなか焦点を当てて考えることが少ないと思います。

 少しでも偏見や差別が無くなれば争いやいじめも少なくなり、楽しく勉強や仕事もできるでしょう。それは社会全体を高めていくことにもなります。 

 大人が変わらないと子供が変わりません。子供だけに責任を押しつけはいけないと思います。

 

協力者募集中です。

 

イベントの企画、実施、のお手伝いから、ネットでのシエア、RTなどのお手伝いでも構いません。自分ができる範囲でよいのです。また相互リンクも募集します。

メール をください。tetsuwann.amano@gmail.com

 

 2016年6月現在 カプラーのメンバー以外に、社会人、学生がいます。

 

今後の予定

2016年 10月15日(土)、16日(日) 三軒茶屋キャロットタワー三階 区民活動支援コーナー

2017年  2月19日(日)あるいは22日(水)=この日が世界的なピンクシャツデーです

 *昨年までは和室すたじお天野家で開催していましたが、今年は企画段階から色々な人に参加していただき、会場を含めイベントの内容を決めていきたいと思います。

 財政的な問題故大きなことはできませんがささやかに催したいと思います。       

 

ダウンロード
協力者募集詳細
ご興味のある方はこちらをご覧ください。
NPOカプラー協力者募集.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 230.3 KB

ダウンロードできない方はこちらをクリックするとグーグルドライブで公開しているファイルが見れます。

 いじめ経験者が体験を語るのは本当はものすごく苦痛なのです。様々なことがフラッユバックし、トラウマに悩まされるのです。にこやかには語れません。楽しく伝えることは難しいのです。それでも伝えたいと勇気を出して語っているのだということを理解してください。

 こんな活動をしているというものがあればどうぞお知らせください。このHPでも紹介してまいります。

あなたのメッセージ募集

今回より多くの方にいじめに対するメッセージをいただこうと幅広く募集を行うことになりました。

 書くことで少しでも意識が変わってきたら、いじめの問題を考えることができたら、それがねらいです。
対象 年齢を問いません
 子どもだけでなく幅広い年齢から募集しています。
 いじめとか意地悪な言動は学校だけでなく、会社、地域、ボランティア、趣味のサークル、NPO内部、PTA、ママ友、老人会,外国籍の人々へ etc およそ人間の住んでいる社会すべてで起こっているのですから。
締め切り
 2015年12月31日となっていますが、2016年2月24日 ピンクシャツデー当日でもかまいません。
応募方法
 募集要項をダウンロードし、ピンクのシャツの紙に書いて郵送されても、メールで送られても構いません。
 あるいは詩でも歌でもかまいません。写真にメッセージを添えても構いません。
 今まで1歳2か月のお子さんが書いてくださったこともあります。心に浮かんだ”もの”だったのです。
 それで構いません。
詳しくは募集要項をご覧ください。

 

ピンクのシャツが飛んでいる

僕は動けないけれど

私はそこへ行けないけれど

みんなの言葉が飛んでいる

みんなの言葉であふれたら

みんな一緒だよ

 

*千葉県木更津で活動している方が、Tシャツの形をしたメッセージを書く紙をデザインしてくださいました。

 

    メール

ダウンロード
あなたのメッセージ募集 PDF表
メッセージ募集(表)15.10.24.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 187.0 KB
ダウンロード
あなたのメッセージ募集(裏)
メッセージ募集(裏)15.10.24.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 220.2 KB

ダウンロード
ピンクシャツデーメッセージボード
2014.10.18~19 三軒茶屋キャロットタワーで開催される市民活動支援コーナー登録団体の展示で、天野塾が使用したメッセージボードです。学校での道徳資料、学活などでお使いください。
2014.10.18PSDメッセージボード.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 34.7 KB

日本でのイベント風景(詳しくは日本での取り組みのページで)年月日で紹介しています。

supported by  NPO Coupler  http://www.coupler.or.jp/